融資を敬遠される事業主の特徴

このページをブックマークに登録する!

融資を敬遠される事業主の特徴

個人事業主が融資を敬遠されてしまい、
審査に通らないという話はよくあります。

お金に困るのはサラリーマンも個人事業主も同じで、
どうしても借りなければならない時もあるでしょう。

個人事業主が融資を敬遠されてしまう問題点とは、一体なんでしょうか。

一つ目の問題点は、
毎月の収入が同じとは限らず、収入が不安定だからです。

個人事業主はどうしても経営規模が小さいですから、
景気が悪くなると影響を受けやすいのです。

年収がどのぐらいなのかもわかりづらく、倒産の可能性も大きいのです。

そのため、返済ができなくなる恐れがあると判断され、融資が受けづらいのです。

二つ目の問題点は、
節税のために経費を多めに計上して所得を少なくしていることです。

これは、多くの個人事業主が行っている節税対策なのですが、
所得が低く見られてしまい、融資を申し込んでも断られる原因となってしまうのです。

しかし、個人事業主のための専用カードローンという便利な商品もあります。

これは、使用目的が事業専用のカードと、
ショッピングやレジャーなどプライベートでも使える自由なカードがあります。

利用する時は目的を間違わないように、
利用できる範囲を確認して使うようにしましょう。